2007年09月07日

ワキガ超音波治療とは

ワキガの治療法に超音波治療というものがあります。
このワキガ超音波治療とは、超音波を利用し、ワキガの発生源となるアポクリン汗線、エクリン汗腺、皮脂線などをこなごなに破砕し、除去する方法です。

超音波の持つエネルギー、方向性などの特性と、皮下組織吸引法をプラスさせた、効果的なワキガ治療法だとされています。

超音波治療法は、わきの下の皮膚に2ミリほどの穴を開け、手術装置のハンドピースの先端を挿入して行います。
超音波治療は、血管や神経を傷つけずに、汗腺類だけを破壊することが可能です。
というのも、脇の皮下組織は、弾力性の無い硬い汗腺類と、弾力性のある血管や神経に分かれているからです。
そのため、硬い汗腺類は超音波の振動エネルギーをまともに受けて破壊され、逆に血管や神経系は弾力性で振動エネルギーの影響を受けないことになるのです。

現在の超音波治療法では、ワキガの再発の可能性もあり、まだこれから開発の余地は残されています。
また、手術装置もまだあまり普及しておらず、ワキガの超音波治療法を受けられる医院もまだ限られています。

ワキガの超音波治療とは
posted by 美容 暮し at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53643215
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。